ウォレットのジッパーの修理ならK's factoryにお任せください。
このページでは、二つ折りウォレットの外側に付いている小銭入れのファスナーの端がほつれてしまい、閉められなくなったものの修理についてご紹介致します。 ウォレットのジッパーの修理のお見積もり、お問い合わせはこちらから
「修理箇所が見事なまでにきれいに修復されており、大変満足しております。」
ウォレット修理当サイトを通してウォレットの修理をご依頼いただく方法をお知らせいたします。ウォレット修理とそれにかかる大体の修理価格の目安をお知らせいたします。ウォレットの修理のお見積りは無料です。ウォレットの修理をご依頼いただく前に必ず御一読ください。ウォレットの修理をする時に使う道具等を紹介しています。当サイトを通してウォレット修理をご依頼いただいたお客様のお声を一部御紹介。


□ウォレットの小銭入れのジッパーの修理

ジッパーの端がほつれてしまい、閉まらなくなっている物の修理です。(画像はお客様撮影)

  

ほつれている度合いによっては、部分的な修理で直せる場合もありますが、この場合はジッパーを全体的に交換いたしました。

スライダー(つまんで動かす部分)も新しい物を取り付け、そのつまみはオリジナルの物を再利用します。

残念ながら出来上がりの画像を撮っておりませんでしたが、お客様から頂いたお礼のメールをご紹介致します。

---------------------------------------------------------------------------------------

財布の修理を依頼いたしました、〇〇と申します。

先日、商品を受け取りました。


修理箇所が見事なまでにきれいに修復されており、大変満足しております。

また、入金から発送までが非常に迅速であったこと、修理代金も良心的であったこと(他社で見積してもらったら、20,000円かかると言われたので)にさらに満足しております。


今後、また修理を依頼することがあると思いますが、その時はよろしくお願いいたします。

まずはお礼まで。

---------------------------------------------------------------------------------------

具体的なお客様のお声については (ks1234's diary  HatenaBlog) 内でご紹介しておりますので、宜しければご覧下さい。

修理をご希望の方は、こちらのページよりフォームを参考にメールにてご連絡下さい。



copyright 2010 K's factory by DVC
鞄や財布の内張り・内袋の修理

鞄や財布のファスナー・ジッパー修理

バッグの持ち手・ストラップの修理

バッグのパイピング・底の破れ修理

財布・ウォレットの修理

ベルトカット・剥がれ修理

手帳・バインダー金具交換

ルイ・ヴィトンのバッグ・財布の修理

シャネルのバッグ・財布の修理

ブルガリのバッグ・財布の修理

プラダのバッグ・財布の修理

グッチのバッグ・財布の修理

セリーヌのバッグ・財布の修理

その他ブランドバッグ・財布の修理

修理例のブログ・法規・その他



バッグ修理のお見積もり、お問い合わせはこちらから