ヴィトン・アマゾンの修理ならK's factoryにお任せください。
ルイ・ヴィトンのリペアサービスを行なっています。このページでは、ヴィトンのアマゾンのファスナーの生地が破れて裂けてきた物の修理についてご紹介致します。ファスナーはステッチを解いて交換します。スライダー(つまんで動かす部分)のつまみはオリジナルのブランド刻印の入った物を再利用できます。スライダーも使っていると磨り減ってしまい、ファスナーを閉じても後ろから開いてしまうという症状が出ますので、ファスナーを交換する際スライダーの本体も交換いたします。縫い目はもともとの縫い目の穴に針を刺して縫いますので、修理をした事が分からないように修理する事が出来ます。 ヴィトン・アマゾンのリペアのお見積もり、お問い合わせはこちらから


□ルイ・ヴィトンのアマゾンのファスナーが裂けた物の修理

栃木県にお住いのお客様からのご依頼です。ファスナーの生地が破れています。(お客様撮影)

この場合はファスナーを全体的に交換することになります。

同じ色のファスナーに交換出来ます。スライダー(つまんで動かす部分)も本体が磨り減っていますので、このタイミングで交換しておくなら、ファスナーを閉じても後ろから開いてしまうといった事になるのを防ぐことが出来ます。

ブランド刻印の入ったスライダーのつまみは再利用可能です。

仕上がりの画像を撮っていなかったのでご覧頂けませんが、お礼のメールを頂きました。

---------------------------------------------------------------------------------------

こんにちは。

ルイヴィトンのバックの修理を頼んだ〇〇です。

バック受け取りました。

ファスナー部分が壊れてしまい、使うのを諦めてましたが、どうしてももう一度使いたいと思い、やっと修理してもらえる店に出逢えました。

低料金で完璧な仕上がりでとても満足してます。

ありがとうございました。

末永く大切に使いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------

具体的なお客様のお声については (k's diary  HatenaBlog) 内でご紹介しておりますので、宜しければご覧下さい。

鞄・財布・キーケース等の修理をご希望の方は、こちらのページよりフォームを参考にメールにてご連絡下さい。



copyright 2010 K's factory by DVC
鞄や財布の内張り・内袋の修理

鞄や財布のファスナー・ジッパー修理

バッグの持ち手・ストラップの修理

バッグのパイピング・底の破れ修理

財布・ウォレットの修理

ベルトカット・剥がれ修理

手帳・バインダー金具交換

ルイ・ヴィトンのバッグ・財布の修理

シャネルのバッグ・財布の修理

ブルガリのバッグ・財布の修理

プラダのバッグ・財布の修理

グッチのバッグ・財布の修理

セリーヌのバッグ・財布の修理

その他ブランドバッグ・財布の修理

修理例のブログ・法規・その他



バッグ修理のお見積もり、お問い合わせはこちらから