シャネルのショルダーバッグの内張り交換・作成修理ならK's factoryにお任せください。
シャネルのリペアサービスを行なっています。このページでは、デニム素材のシャネルのショルダーバッグの内張り作成修理について、お客様の声と共にお伝えいたします。シャネルのバッグに限らず、特に合成皮革の内張りは時間が経って劣化するとベトベトしてきて中に入れたものに付いたり、ボロボロと剥がれ落ちたりします。似た色の革で同じように作り直して修理する事が出来ます。又、ナイロン生地や綿などで作る事も出来ます。特にナイロン生地は強くて軽くオススメです。革よりも修理代も多少抑えることが出来ます。 シャネル修理のお見積もり、お問い合わせはこちらから


□京都府にお住いのC.O.様からご依頼頂きましたシャネルのバッグの修理についてご紹介致します。
(画像はお客様撮影)




どうやら内張りが痛んでご自分で外されたそうですが、お持ちの革を利用して内張りを作成し、取り付けて欲しいというご依頼でした。




お持ちの革だけでは足りませんでしたので、内張りのマチの部分をこちらで準備した革を利用しました。

画像はありませんが、外ポケットの内張りにはお送りいただいたピンクの革を使用しました。

C.O.様からお礼のメールを頂きました。
---------------------------------------------------------------------------------------

こんにちは。

ご連絡が遅くなりましたが、先日バッグを受け取りました。

依頼の際に細かい要望も快く聞いて頂き、仕上がりもとっても綺麗でK´s factoryさんにお願いして良かったです。

職人さんの技はやっぱりすごいと思いました(^^)!


一緒に送った革を極力使って頂けてたので、お気に入りのバッグがより一層お気に入りになりました♪

また機会がありましたらお願いすると思います。

この度は本当にありがとうございました☆

---------------------------------------------------------------------------------------

シャネルのバッグの修理や内張りの作成・交換はK's factoryにお任せください。


シャネルの修理をご希望の方は、こちらのページよりフォームを参考にメールにてご連絡下さい。



copyright 2010 K's factory by DVC
鞄や財布の内張り・内袋の修理

鞄や財布のファスナー・ジッパー修理

バッグの持ち手・ストラップの修理

バッグのパイピング・底の破れ修理

財布・ウォレットの修理

ベルトカット・剥がれ修理

手帳・バインダー金具交換

ルイ・ヴィトンのバッグ・財布の修理

シャネルのバッグ・財布の修理

ブルガリのバッグ・財布の修理

プラダのバッグ・財布の修理

グッチのバッグ・財布の修理

セリーヌのバッグ・財布の修理

その他ブランドバッグ・財布の修理

修理例のブログ・法規・その他



バッグ修理のお見積もり、お問い合わせはこちらから