各種ブランドの鞄や財布のファスナーが閉まらなくなった物、裂けてきたもの、スライダーを修理いたします。
シャネルのリペアサービスを行なっています。このページでは、鞄や財布のファスナーの修理について紹介しています。金属ファスナーで、閉めても後から開いてしまう物は、スライダーを交換すれば直ります。コイルファスナーの場合、コイルが磨り減ってしまっている場合はファスナーを全体的に交換することになります。その他、エレメント(たくさん並んでいる小さな金具)が外れたり、生地が裂けたものなどファスナーの修理についてはK's factoryにご相談ください。 ファスナーやジッパーの修理のお見積もり、お問い合わせはこちらから
その他修理例・お客様のお声はこちらをご覧ください。
ファスナー修理当サイトを通してファスナーの修理をご依頼いただく方法をお知らせいたします。ファスナー修理とそれにかかる大体の修理価格の目安をお知らせいたします。ファスナーの修理のお見積りは無料です。ファスナーの修理をご依頼いただく前に必ず御一読ください。ファスナー修理をする時に使う道具等を紹介しています。当サイトを通してファスナーの修理をご依頼いただいたお客様のお声を一部御紹介。



■シャネルのバッグのファスナーが、閉めても開いてしまいます…

バッグに限らず財布でもファスナーが閉まらなくなった原因は大抵スライダーです。
ファスナーを閉める金具(スライダー)を取り外します。もともと
付いているブランドロゴの入ったつまみを取り外して、新しく付ける
スライダーの本体に取り付けます。



そしてそれをもとのカバンに取り付けると、ファスナーはしっかり閉まります。



これはもうだめだろう…と諦めないで、是非一度ご相談下さい!


鞄・財布のファスナーの修理をご希望の方は、こちらのページよりフォームを参考にメールにてご連絡下さい。



当店でシャネルの修理をなさったお客様の声
千葉県松戸市;   H   様
シャネルの財布のファスナー修理
今朝 届きました。とても綺麗に仕上がっていて、本当に ありがとうございます^^また機会があったら、よろしくお願いいたいますm(__)m

        ;   W   様
シャネルのスキンカーフ ラウンドファスナー長財布 A13228 小銭入れのファスナー修理
昨日修理済みの財布が届きました、きれいに直っていたのでうれしいです、ありがとうございました。大事に長くつかいます。また、何かのときはよろしくお願い致します。お礼まで。

兵庫県加古川市;   O  様
CHANEL シャネル長財布(ブラック)のファスナー交換・ LV ルイ・ヴィトン のスピーディにキーポル・バンドリエールのような、取り外し可能なストラップをつけて欲しい
遅くにすいません m(_ _)m 連絡が遅くなりましたが、鞄ちゃんと受け取りました。思ってたよりもとってもいい仕上がりに喜んでます。ありがとうごさいました。

神奈川県横浜市  ;   T   様
ショルダーバッグのストラップカット
バック受け取りました。長い間眠っていたバックが使えるようになってとても嬉しいです。ありがとうございました。

シャネルのバッグは、持ち手やショルダーストラップの革が劣化した物の修理が多いようです。似た革で同じ様に作りなおすことが出来ます。又、チェーンショルダーの中の革が傷んだ物も交換することが出来ますし、チェーンそのものを取り外し、普通の革のショルダーストラップに交換することも可能です。

シャネルのマークなど、金具のメッキが剥げてきた物にメッキをかけることも可能です。金具を綺麗にするだけでも鞄全体が見違えるようによみがえります。

シャネルのバッグ修理で多いのは、内張り(内袋)がベトベトして中に入れたものに付いてしまったり、ポロポロとはがれてくるというケースです。その場合、似た色の革で内張り(内袋)を作り直すことが出来ます。合成皮革ではなく革で作り直しますと、同じ様に劣化することがありませんので長くお使いいただけていいと思います。もちろんご希望でしたら似た色の合成皮革か、或いはナイロンなど他の生地で作りかえることも出来ます。

シャネルのバッグ修理で更に多いのは、ファスナー(ジッパー)の修理です。ファスナー(ジッパー)の生地が破れてしまった場合、ファスナー(ジッパー)を全体的に交換する事になります。その際、スライダー(つまんで動かす部分)は、オリジナルのシャネルの刻印の入ったものをもう一度利用して取り付けることが出来ます。コイルファスナー(プラスチックファスナー)で、コイルが磨り減ってしまっている物も、やはりファスナー(ジッパー)を全体的に交換することになります。ファスナー(ジッパー)の生地に問題なく、エレメント(沢山並んでいる小さな金具)も外れておらず、単にスライダーを動かして閉めても後ろから開いてしまうような場合は、ファスナー(ジッパー)全体を交換する必要はありません。スライダーの本体を交換すれば直ります。シャネルの刻印の入ったスライダーのつまみはそのまま再利用可能です。スライダーのつまみが革の場合、その革がちぎれてなくなってしまうという方も多いようです。同じ様に革で作って取り付けることが可能です。

シャネルの財布のホック(スナップボタン)が閉まらなくなることも多いようです。基本的にホック(スナップボタン)も一度きりの金具ですので、閉まらなくなった場合は交換する事になります。片側のみ(凸オスか凹メス)が傷んだ場合でも上下セットで交換します。財布の場合、周囲の縫い目(ステッチ)で折り目の部分の糸が切れてしまう方も多いです。その場合、ブランドオリジナルの糸とはやはりどうしても微妙な糸の光沢等の違いが出ますので、部分的に縫い直すのではなく周囲一周を縫い直します。そうすると新品同様になります。

シャネルの6連キーケースのフックが外れてきた場合、土台ごと似た金具に交換することになります。ブランドオリジナルの金具はありませんのでご了承下さい。

その他、シャネルの修理はK's factoryにご相談下さい。


鞄・財布・キーケース等の修理をご希望の方は、こちらのページよりフォームを参考にメールにてご連絡下さい。




copyright 2010 K's factory by DVC
鞄や財布の内張り・内袋の修理

鞄や財布のファスナー・ジッパー修理

バッグの持ち手・ストラップの修理

バッグのパイピング・底の破れ修理

財布・ウォレットの修理

ベルトカット・剥がれ修理

手帳・バインダー金具交換

ルイ・ヴィトンのバッグ・財布の修理

シャネルのバッグ・財布の修理

ブルガリのバッグ・財布の修理

プラダのバッグ・財布の修理

グッチのバッグ・財布の修理

セリーヌのバッグ・財布の修理

その他ブランドバッグ・財布の修理

修理例のブログ・法規・その他