ベルトのカット、糸が切れて革がめくれた物、その他ベルトの修理をいたします。
このページでは、張り合わせてあるベルトが剥がれた物の修理についてご紹介致します。K's factoryでは、長すぎても自分でカットできないベルトのカットや、周囲のステッチが切れて貼り合わせてある革が剥がれた物、裏側が劣化いてボロボロになった物や、合皮の場合ベトベトしていた物を張り替えたり、バックルの交換、縁の塗装などベルトの修理を致します。 ベルトの修理のお見積もり、お問い合わせはこちらから
その他修理例・お客様のお声はこちらをご覧ください。
ベルトの修理当サイトを通してベルトその他の修理をご依頼いただく方法をお知らせいたします。ベルトをはじめ、かばん(バッグ)、その他キーケースや財布等の様々な修理とそれにかかる大体の修理価格の目安をお知らせいたします。ベルトの修理のお見積りは無料です。ベルトの修理をご依頼いただく前に必ず御一読ください。ベルトその他かばん(バッグ)やキーケース、財布等修理をする時に使う道具等を紹介しています。当サイトを通してベルトをはじめ様々なかばん(バッグ)の修理をご依頼いただいたお客様のお声を一部御紹介。



■ステッチの入っていないベルトなのですが、革がめくれてしまいました…。

これはTAKEO KIKUCHIのベルトです。 ベルトの表と裏の革が接着のみで縫い付けられていないタイプはこのように剥がれてきます。 まずはこの部分を接着します。


ベルト全体にステッチをいれると,めくれることはありません。

そしてベルトの周囲全体を縫い付けて、再び同じようにはがれる事のないように修理します。


こんなに綺麗になります!

元々縫い付けられていたベルトのように、綺麗に仕上がります。 剥がれていた部分もこんな感じです。 もちろんベルトの裏側も綺麗に仕上がります。


お気に入りは,修理して大切に使いましょう!


ベルト・鞄・財布・キーケース等の修理をご希望の方は、こちらのページよりフォームを参考にメールにてご連絡下さい。




copyright 2010 K's factory by DVC
鞄や財布の内張り・内袋の修理

鞄や財布のファスナー・ジッパー修理

バッグの持ち手・ストラップの修理

バッグのパイピング・底の破れ修理

財布・ウォレットの修理

ベルトカット・剥がれ修理

手帳・バインダー金具交換

ルイ・ヴィトンのバッグ・財布の修理

シャネルのバッグ・財布の修理

ブルガリのバッグ・財布の修理

プラダのバッグ・財布の修理

グッチのバッグ・財布の修理

セリーヌのバッグ・財布の修理

その他ブランドバッグ・財布の修理

修理例のブログ・法規・その他